A.
全職種の採用人数を合わせて30名程度の採用を予定しています。(2019年4月入社予定者:31名)
A.
全く問題ありません!学生時代映像の知識やスキルが無かった先輩社員もたくさん活躍しています。
A.
特に決まった規定はありませんが、TOEIC900点以上であることを大体の目安としています。企画や演出の意図や微妙なクリエイティブのニュアンスを相手に伝えなければならない場面も多くある為、それに足る語学力が必要です。また、昨年度は選考中に英語による会話テストを行いました。
A.
大学での専攻は採用の条件にありませんが、選考中にクリエイティブテストが数回あります。ただし、美大出身ではない先輩社員もプランナーやディレクターとして活躍しています!
A.
2019年4月入社の初任給は、250,000円を予定しております。
A.
新人研修、プロダクションマネージャー研修、プロデューサー研修などの階層別研修があります。今後もさらに充実していく予定です。
A.
もちろん取ることができます。年次関係無く、長期休暇を取って旅行に行く社員はたくさんいます!
A.
撮影等の関係で休日出勤になることはあります。ですが、その場合はきちんと代休を取得して頂きます。
A.
産休・育休の取得はもちろん、職場復帰後に短い勤務時間で働いている女性もたくさんいます。
A.
保養所やスポーツクラブの優待券、野球の観戦チケット、AOI Pro.が関連している映画の鑑賞チケット配布などが主な福利厚生です。
A.
「フランクでアットホーム」な感じです。社員同士の仲はとても良く、学校の部活の様な団結力があります。
A.
特にありません。部署や役職にもよりますが、常識の範囲内で、カジュアルな服装の人が多いです。特にプロダクションマネージャーは動きやすい服装の人が多いです。